せとものフェスタ2018 瀬戸市美術館特別展「越中瀬戸焼ー桃山から現代へー」終了しました
越中瀬戸焼は、天正16年(1588)頃に「小二郎」という陶工が、加賀藩主の前田氏に招かれ、瀬戸焼を焼いたことが始まりとされています。以後、加賀藩の御用窯として、茶器から日常雑器まで様々なやきものを生産しました。近代に入ると一旦は衰えますが、瓦生産への転換や、復興を図った作家たちによって、時代を切り拓いてきました。そして現在は、新たな陶芸を目指す5人の陶工により「かなくれ会」が結成され、活発な活動がなされています。
本展では瀬戸との関わりがある越中瀬戸焼について、その初現となる桃山期の窯跡の資料をはじめ、江戸時代から現代に至るまでの作品を展示します。
名称 せとものフェスタ2018 瀬戸市美術館特別展「越中瀬戸焼ー桃山から現代へー」
イベント期間 2018年04月14日~2018年06月10日
開催場所 瀬戸市美術館
住所 瀬戸市西茨町113-3
駐車場 無料
参加料金 大人:500円(400円:20名以上の団体) 高大生:300円(240円:20名以上の団体)※中学生以下、妊婦、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は無料
HP http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1522977234
お問い合わせ 瀬戸市美術館
電話(0561)84-1093 

詳しい地図はこちら

Copyright (C) Seto City All Rights Reserved.